インド農村部における低価格土壌センシングシステムの実証
Deployment of a low-cost soil monitoring system in Indian farming villages

2017年04月19日

インドにおいて、干ばつや地下水の過度なくみ上げが深刻であり、水資源の浪費を防ぐことが喫緊の課題である。そのため、我々は土壌水分をモニタリングし、散水量を適切に制御できる土壌センシングシステムを設計した。既存システムは高価で、安定した電源が必要である。そこで我々は、薄膜金属で安価に実装し、太陽光発電を用いることで、途上国ならではの環境下でも駆動するよう設計し、インド農村の圃場において実証実験を行った。
In India, it is of utmost urgency to prevent the waste of water resources caused by drought and drawing excessive groundwater. For this purpose, we designed a soil sensing system to monitor soil moisture and ensure optimal watering. Existing systems cost a lot and require stable power sources. In order to ensure stable operation even under a harsh environment in emerging countries, we chose solar power as power source as well as utilized inexpensive coplanar plate capacitor on film substrate. This year, we actually deployed this system and validated its operation in Indian farming villages.

 

【参考文献】

林直人,繁田亮,高木雅,川原圭博,浅見徹,“インドの農村部での土壌センシングシステムの実証:期待と現実,” マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2016) シンポジウム,3E-1,pp.565-571,鳥羽, 日本,July 2016.