汎用マイコンで実現可能な反射時間計測を利用した低価格水位計の開発
Low-cost water level sensor based on reflection time measurement by mass-produced microcontroller

2017年04月19日

近年、様々な環境で大規模に導入可能な低価格水位計が必要とされている。しかし、これまでに提案されてきた、電気的な構造により水位を計測する手法では、外乱の影響を受けやすい、測定回路が高価であるといった問題がある。本研究では、汎用マイコンに付随する充電時間計測ユニット(CTMU)を応用することで簡易的なTDRが可能であることに着目し、安価なマイコン及び平行線路を用いた低価格水位計を提案する。
Low-cost water level sensor is necessary for a large scale deployment of water level management in many fields. However, there are some technical problems to implement low cost and precise water level sensor because of the sensitiveness or costly measurement circuit. We propose a low cost and precise water level sensor using simple TDR system by feeder lines and Charge Time Measurement Unit (CTMU) available in a mass-produced microcontroller.

 

【参考文献】

鈴木康大,繁田亮,川原圭博,浅見徹,“汎用マイコンで可能な反射時間計測による簡易TDRを利用した低価格水位計の開発,” 信学技報,vol.116,no.308,pp.97-102,名古屋,Nov. 2016.