和菓子の3Dプリンタ
Wagashi 3D Printer

2018年04月13日

日本の無形文化遺産である和菓子は、木型職人の減少により存続の危機に直面している。消費者にとっても、各地に点在する様々な和菓子を新鮮な状態で入手することは難しい。そこで我々は、4色の練切を同時に出力する3Dプリンタを作製し、木型を用いない上生菓子の造形を提案する。このプリンタは、デジタルデータを共有するだけで、いつでもどこでも誰でも食品をコピーできるようになるというコンセプトの実装例でもある。

 

Wagashi, a Japanese confection known as an Intangible Cultural Heritage, is now faced with extinction due to the reducing number of craftmen of its wooden mold. For consumers as well, it is difficult to have access to versatile wagashi around Japan with them fresh. We propose wagashi 3D printer which can extrude four different pastes in one process without any wooden mold. This printer is the embodiment of our concept of anyone “printing” food anytime and anywhere.

 

Koya Narumi, Hironao Kato, Yoshihiro Kawahara

Contact: narumi@akg.t.u-tokyo.ac.jp