マルチコプタの飛行音に着目した機械学習による飛行状態推定
Flight Condition Estimation from Flying Noise of Multi-Copter with Machine Learning

2018年04月13日

マルチコプタは高性能化と低価格化が進み、幅広い産業分野での活躍が期待されている。しかし、我々の生活空間を縦横無尽に飛び回るため、ひとたび制御系に障害が発生すると周囲の人と衝突する危険性がある。そこで本研究では、マルチコプタの回転翼で生じる風切音に着目し、機械学習で飛行状態を推定する技術を提案する。本手法はスマートフォン上で実行可能なほど軽量であり、特別なインフラを必要としない点が特徴的である。

 

Multicopter is a promising technology for various applications in a wide range of industrial fields because of its high performance at low cost. However, a freely flying multicopter has a risk of colliding with surrounding objects or humans, especially in case of failure in the control system. In this research, we focus on the wind noise from the rotors and propose a flight condition estimator technology using machine learning. This estimation logic is simple enough to be implemented on smartphones without any special infrastructure.

 

Masaru Takagi, Yoshihiro Kawahara

Contact: takagi@akg.t.u-tokyo.ac.jp