2016年度 | 2015年度 | 2014年度 | 2013年度 | 2012年度 | 2011年度 | 2010年度 | 2009年度 | 2008年度 | 2007年度 | 2006年度 |

論文誌・学会誌 / Journals and Magazines

高木雅,川原圭博,浅見徹,”アプリ毎のトラヒックとユーザの利用状況を考慮したスマートフォンの通信制御手法,” 情報処理学会論文誌,Vol.56, No.3, pp.1121-1131 (2015-03-15), March 2015 (推薦論文).

成末義哲, 川原圭博, 浅見徹,”Hercules: 平面上での無線電力共有実現のための再構成可能な磁界共振結合モジュール,” 情報処理学会論文誌,vol. 56, no. 1, pp. 250-259, Jan. 2015.

長谷川 亨,杉山 浩平,田上 敦士,柳生 智彦,内山 彰,浅見 徹,”省エネルギー指向情報セントリックネットワーキングに向けて,” 信学論(B),Vol.J97- B,No.10, pp.828-838, Oct. 2014.

国際会議 / International Conferences

K. Yamazaki, Y.Sugiura, Y. Kawahara, S. Saruwatari, T. Watanabe, “Preliminary Evaluation of Simultaneous Data and Power Transmission in the Same Frequency Channel,” IEEE WCNC 2015, pp.1-6, New Orleans, U.S.A, March 2015.

Yun Li, “Grass-root based SpectrumMap Database for Self-Organized Cognitive Radio and Heterogeneous Networks: Spectrum Measurement, Data Visualization, and User Participating Model,” WCNC, IEEE, pp.117 – 122, New Orleans,USA, March 2015.

Yun Li, Haibin Wan, Wen Chen, “Robust Linear Beamformer Designs for MIMO Relaying Broadcast Channel with Max-Min Fairness,” WCNC, IEEE, pp.271 – 275, New Orleans, USA, March 2015.

Yun Li, “A Grass-root based Radio Environment Data Collections in User Participation for improving Frequency Utilization of Cognitive Radio and Heterogeneous Networks,” ICNC, IEEE, pp.482 – 486, Anaheim, USA, Feb. 2015.

Yun Li, Haibin Wan, “Joint Source and Relay Beamforming Design for General MIMO Relaying Broadcast Channels,” ICNC, CNC Workshop, pp.346 – 351, Anaheim, USA, Feb. 2015.

Y. Narusue, Y. Kawahara, T. Asami, “Cancellation Mechanism of Electromagnetic Leakage for Wireless Power Transmission System Based on Magnetic Resonant Coupling,” Proc. of APMC 2014, pp. 677-679, Sendai, Japan, Nov. 2014 (Invited).

国際研究会 / International Workshops

H. Ju, S. Kawasaki, Y. Kawahara, and T. Asami, “A Compact Mixer Type Retrodirective Hybrid Integrated Circuit,” KJMW 2014, TH_5A_2, Suwon, Korea, Dec. 2014.

ポスター / Posters

デモ / Demos

T. D. Ta, Y. Kawahara, “Implementation of via hole and multi-layered circuit with Instant Inkjet Circuit,” Microsoft Research Asia Faculty Summit, Asia Faculty Summit, Beijing, China, Oct. 2014.

研究会 / Domestic Workshops

須永 崇章,浅見 徹,川原 圭博,杉山 浩,栗原 淳,田上 敦士,柳生 智彦,長谷川 亨,”災害時における ICN ポテンシャルルーティングの最適化の検討,” 信学技報,vol. 114, no. 478, IN2014-174, pp. 313-318, March 2015.

川原圭博,”新たな電子回路作成ツールとしての銀ナノインクとその応用,” 第11回紙メディアシンポジウム,No.1, March 2015 (招待講演).

須永崇章,浅見徹,川原圭博,杉山浩平,栗原淳,田上敦士,柳生智彦,長谷川享,”災害時におけるICNポテンシャルルーティングの最適化の検討,” 信学技報, Vol.114, No.478, IN2014-174, pp.313 – 318, Feb. 2015.

Wei Wei, Akihiro Nakamata, Yoshihiro Kawahara, Tohru Asami, “Food Recognition via Monitoring Power Leakage from Microwave Oven,” CDS研究発表会, 2015-DCC-9(3), Jan. 2015.

宋泰永,川原圭博,浅見徹,”大規模ネットワーク管理のためのHTTP/SNMPリバースプロキシの制御の公平性について ,” 信学技報,IN2014-64, Sept. 2014.

国内全国大会 / Domestic General Conferences

高木雅,川原圭博,浅見徹,”LTE網のMAC層パディングを活用した無電力でのセンサデータ送信,” 信学総大2015,B-15-14, March 2015.

鳴海紘也,川原圭博,浅見徹,”手書き回路の解析が可能なCAD ソフトの実装に向けた導電性インクのシート抵抗の画像認識手法,” 信学総大2015,Bー15ー16, March 2015.

成末義哲, 橋詰新, 川原圭博, 浅見徹,”マルチホップ型無線電力伝送を用いた室内全体への電力供給システム,” 信学総大 2015,BSー7ー5, March 2015.

W. Wei, Y. Kawahara, and T. Asami, “Improving Transmission Spacing of Free Positioning Wireless Power Transfer with Horn-Shaped Resonator,” 信学総大 2015, B-21-5, March 2015.

ナムスライジャブ ビャンバジャブ, 川原圭博, 杉山浩平, 栗原淳, 田上敦士, 柳生智彦, 長谷川亨, 浅見徹,”ID ベース Aggregate 署名による NDN ショートパケット通信,” 信学総大 2015,B-7-69, March 2015.

橋詰新,成末義哲,川原圭博,浅見徹,”磁界共振結合方式マルチホップ型無線電力伝送システムにおけるNFCを用いた受電器の位置推定,” 信学総大 2015,B-21-1, March 2015.

石欣洋,成末義哲,川原圭博,浅見徹,”進化的計算手法を用いたインクジェット印刷アンテナ構造最適化,” 信学総大 2015,B-18-72, March 2015.

須永 崇章,浅見 徹,川原 圭博,杉山 浩,栗原 淳,田上 敦士,柳生 智彦,長谷川 亨,”災害時における ICN でのキャッシュの有効利用による 転送遅延の短縮手法の提案,” 信学総大 2015,B-7-68, March 2015.

T. D. Ta, Y. Kawahara, and T. Asami, “Approach to Controlling of Smart Phone Based Virtual Reality Head-Mounted-Devices Through Touch Screen Indirectly,” 信学総大2015, BS-3-11, March 2015.

鈴木孝男,成末義哲,西岡一洋,川原圭博,浅見徹,”無人自律航空機を利用した圃場内センサへのマイクロ波給電システム構築への検討,” 信学総大 2015,B-18-46, March 2015.

須永崇章,浅見徹,川原圭博,杉山浩平,栗原淳,田上敦士,柳生智彦,長谷川享,”災害時におけるICNでのキャッシュの有効利用による転送遅延の短縮手法の提案,” 信学総大 2015,B-7-68, March 2015.

W. Wei, Y. Narusue, Y. Kawahara, and T. Asami, “Power Uniformity Analysis on Omnidirectional Wireless Power Transmission to a Cavity Using Helmholtz Resonators,” 信学ソ大2014, B-21-10, Sept. 2014.

B. Namsraijav, T. Asami, and Y. Kawahara, “An Examination of User-Generated Content Placement Methods in a Tree-Structured NDN Mobile Network,” 信学ソ大 2014, BS-6-36, Sept. 2014.

小林亮介,成末義哲,川原圭博,浅見徹,”磁界共振型マルチホップ無線電力伝送システムにおける多値ASK通信のレート決定に関する一検討,” 信学ソ大 2014,B-21-2, Sept. 2014.

成末義哲,川原圭博,浅見徹,”磁界共振結合型無線電力伝送における送電側電圧制御による負荷インピーダンス変換手法,” 信学ソ大 2014,B-21-5, Sept. 2014.

橋詰新,成末義哲,川原圭博,浅見徹,”磁界共振結合型無線電力伝送における電力ルーティングシステムに向けた中継器スイッチングの実装評価,” 信学ソ大 2014,B-21-2, Sept. 2014.

奥谷文徳,鳴海紘也,川原圭博,浅見徹,”圧縮センシングを用いた心拍の計測手法における復元精度の評価,” 信学ソ大 2014,B-18-10, Sept. 2014.

川原圭博,”銀ナノインクによる電子回路のラピッドプロトタイピングとそのマーケット,” 情処FIT 2014,パネルセッション, Sept. 2014 (招待講演).

須永崇章,浅見徹,川原圭博,杉山浩平,田上敦士,柳生智彦,長谷川享,”Pub/Sub機能付きICNにおける災害時のロバストな安否情報配信方法の検討,” 信学ソ大 2014,B-7-44, Sept. 2014.

石欣洋,魏巍,川原圭博,浅見徹,”家庭用インクジェットプリンタによるアンテナのラピッドプロトタイピングについての一検討,” 信学ソ大 2014,B-18-1, Sept. 2014.

仲又暁洋,成末義哲,魏巍,川原圭博,浅見徹,”生体情報のウェアラブル計測に向けた無線電力伝送用受電器のインクジェット印刷技術による簡易設計と評価,” 信学ソ大 2014,B-18-2, Sept. 2014.

白浜妥知,奥谷文徳,川原圭博,木代雅巳,工藤高裕,仲村慎吾,浅見徹,”回転機振動の包絡線圧縮センシングによるモニタ電力の削減,” 信学ソ大 2014,B-18-9, Sept. 2014.

鈴木孝男,川原圭博,浅見徹,”土壌の水分量変化特性を考慮した自律航空機によるデータ回収の最適経路決定,” 信学ソ大 2014,B-18-38, Sept. 2014.

白浜妥知,奥谷文徳,川原圭博,木代雅巳,工藤高裕,仲村慎吾,浅見徹,”回転機振動の包絡線圧縮センシングによるモニタ電力の削減,” 信学ソ大2014,B-18-9, Sept. 2014.

解説論文 / Explanatory Theses

川原圭博,”家庭用インクジェットプリンタによる電子回路の印刷実装,” かがやき,Vol.26, pp. 25-28,りそな中小企業振興財団, Nov. 2014.

川原圭博,”電磁波からのエナジーハーベスティング技術とその応用,” 日本AEM学会誌,Vol. 22, No. 3, pp. 380-385, Sept. 2014.

講演 / Speeches

川原圭博,”印刷によるエレクトロニクス ーホビーからIoTまでー,” 日本化学会第95春期年会2015,3A4-06,千葉,日本, March 2015 (招待講演).

川原圭博,”新たな電子回路作製ツールとしての銀ナノインクとその応用,” 日本印刷学会 第11回「紙メディア」シンポジウム,東京, March 2015.

Y. Kawahara, “Internet of “printed” Things — low-cost fabrication of autonomous sensing nodes by inkjet printing –,” International Conference on Computer and Communication Technology, Keynote Speech, Hyderabad, India, Dec. 2014.

Y. Kawahara, “Internet of “printed” Things — low-cost fabrication of autonomous sensing nodes by inkjet printing –,” PowerMEMS, Keynote Speech, Hyogo, Japan, Nov. 2014.

川原圭博,”ウエアラブルとスマホが人命を救う高性能センサーに~電気自動車の接近検知を例として~,” ウエアラブル・ジャパン ,2014 Fall,神奈川,日本, Oct. 2014.

Y. Kawahara, “Energy Harvesting,” Seeds Conference, NA, Tokyo, Japan, Oct. 2014 (Invited Talk).

Y. Kawahara, “Low cost and perpetual IoT devices enabled by inkjet printing and wireless power,” IoT Engineering Seminar, Solar System Exploration Research Virtual Institute, NASA, California, U.S.A, Sept. 2014 (Invited Talk).

川原圭博,”IoT機器への無線給電手法としてのRFエネルギー・ハーベスティング,” 10月度技術士CPD中央講座,第123回,東京,日本, Sept. 2014.

川原圭博,”銀ナノインクを用いた電子回路印刷〜ユビキタスから教育まで〜,” 色材協会インクジェット部会,講演会,東京,日本, June 2014 (招待講演).

その他 / Others

川原圭博, 成末義哲,”磁界共鳴(共振)結合を用いた マルチホップ型ワイヤレス給電技術,” 電界磁界結合型ワイヤレス給電技術 -電磁誘導・共鳴送電の理論と応用-,第5章, Dec. 2014.