マイクロ波給電を用いたAndroid端末の遠隔起動とLinuxカーネルを用いた省電力センシング
Remote Boot Trigger for Android Devices using Microwave Power Transfer and Low-Power Sensing using Linux Kernel

2017年04月19日

野外で長期のスマホセンシングを行うには間欠駆動が不可欠である。しかし、タイマ回路の待機電力により電池寿命が縮むという問題があった。本研究では、USB端子に所定の電圧を印加するとスマホが起動することに着目し、マイクロ波給電技術を用いてスマホを遠隔起動する手法を提案する。また、Android OSに代えてLinuxカーネルでセンシングを行うことで、電力オーバーヘッドを大幅削減する手法も併せて提案する。

Intermittent operation is necessary for smartphone sensing in outdoor environments. However, the timer circuit consumes a non-negligible amount of energy which shortens the battery life. In this research, we propose a remote boot trigger for Android smartphones using microwave power transfer whose receiver consists of a passive circuit alone. This system exploits the feature of Android smartphones to boot up automatically when connected to a charger. We also propose a low-power sensing method exploiting the Linux kernel instead of the Android OS to drastically reduce the power overhead.

 

【参考文献】

高木雅,池内尚史, 川原圭博,浅見徹,”Android 端末による間欠センシングのための マイクロ波給電を用いた選択的遠隔起動トリガ,” 信学総大 2017,B-18-1, March 2017.

池内尚史,高木雅,石毛真修,角谷和宣,川原圭博,浅見徹,”Android スマートフォン遠隔起動トリガを用いた遠隔監視システム,” 信学総大 2017,B-18-2, March 2017.