ソフトロボットと一括造形する3次元大変形センサ
3D deformation sensor printed with soft-bodied machines

2017年04月19日

我々の日常生活や自然環境と親和性の高い機械システムを構築するため、ロボットのボディを生物の機械特性に近い柔軟素材で設計する「ソフト・ロボティクス」が脚光を浴びている。しかし、これらの機械特性に合った柔らかいセンサの開発が課題であった。そこで我々は、ソフト・ロボットのボディと一括造形する3次元大変形センサを開発した。この設計手法により、ボディの硬さに適合したセンサを、必要な箇所に、必要な数だけ造形することができる。
We propose a 3d-deformation sensor printed with a soft-bodied robot simultaneously. There is a growing interest in robotics of designing a robot using soft materials, so-called soft robotics, inspired by the mechanical properties of animals. Considering the building process of soft-bodied robots, large-deformation sensors should be 3d-printed with the body structure simultaneously. This allows a designer to allocate the desired number of the sensors to the desired part(s) with the appropriate stiffness. This design method may bring out a paradigm shift about how to design a deformation sensor and soft-bodied robot.