櫛形送電器と複数の受電器を用いたテーブル上における電界結合型無線給電システム
A Desktop Capacitive Power Transfer System using a Single Interdigital Transmitter Sheet and Multiple Recievers

2017年04月19日

広い平面にわたって無線給電を行うためには、送電アンテナアレイを用いる手法が一般的であるが、送電アンテナの切り替えや受電機器の位置検出等の複雑な機構が必要となる。本研究ではテーブル上程度の無線給電を簡易な機構で実現するため、一対の大きな櫛形電極により構成される送電シートと複数の受電器を用いた電界結合型の無線給電システムを提案する。
Many studies use transmitting antenna arrays to realize wireless power transfer on a wide surface. However, these systems tend to be complex due to the necessity of the switching of the transmitters and the localization of the receiver. In order to reduce this complexity, this study proposes a capacitive power transfer system using multiple receivers and a transmitting sheet consisting of a single Interdigital electrode. By using this system, devices on a desk size surface can be powered by a simple mechanism.

 

【参考文献】

水谷陽太,笹谷拓也,成末義哲,川原圭博,浅見徹,”受電器アレイとシート型送電器を用いた電界結合型無線電力伝送における極板形状に関する一検討,”信学技報,vol.116,no.321,WPT2016-38,pp.7–11,Nov. 2016.