牛群のモニタリング用センサに向けた無線給電システム
A Wireless Power Transfer System for Cattle Monitoring

2017年04月19日

放牧牛がどこで草を食べるか、どこで休むかなど、牛の位置情報は放牧地のレイアウト設計と放牧牛管理ための大切な情報である。しかし、位置情報を把握するために使われるGPSの消費電力は大きく、放牧牛をモニタリングするための電池交換が頻繁に必要となる。本研究では、放牧牛が水を飲んだり搾乳する時に、水槽や搾乳機に搭載した給電器から無線給電を行い、放牧時の電力を賄う磁界共振結合型無線給電システムを提案する。
Monitoring of cattle via satellite location sensor technologies makes it possible to gather detailed information about cattle’s behavior and group dynamics. These information allows for improvement in cattle management, barn design and farm resource management. However, the high power consumption of GPS used for getting location information makes this solution impractical. We aim to solve this problem by charging the devices wirelessly during cattle’s drinking time and milking time. A wireless power transfer system for cattle monitoring devices is proposed in this research.

 

【参考文献】

石欣洋,成末義哲,川原圭博,浅見徹,“進化的計算手法を用いたインクジェット印刷アンテナ構造最適化,” 信学総大,B-18-72,草津,日本,March 2015.