セルフキャリブレーション可能な薄膜実装水田水位計の圃場における実証実験
Field Test of Thin-film Water Level Sensor with Self Calibration in Paddy Fields

2018年04月13日

水位管理のためのセンサ需要は、水田の水位管理やタンクの貯水量確認など様々なところで増大しており、大規模導入可能な低価格水位計が期待されている。水位計には様々な方式があるが、設置環境への依存性が低く、安価に実現可能な静電容量方式が有望である。そこで本研究では薄膜上に静電容量センサを実装し、セルフキャリブレーション可能な水位計による水位モニタリングシステムを構築して、実際の圃場での実証実験を行った。

 

There is a huge demand of low cost water level sensor in automatic water level management. Among several approaches, capacitive sensing based water level sensors are the most reliable and durable. In this project, we implement a capacitive sensing based water level sensor with self calibration and deploy a water level monitoring system into actual paddy fields.

 

Kouta Suzuki, Ryo Shigeta, Naoya Miyamoto, Yoshihiro Kawahara

Contact: suzuki@akg.t.u-tokyo.ac.jp