奥谷文徳が電子情報通信学会「回路とシステム研究会学生優秀賞」を受賞

2016年03月04日

修士二年の奥谷文徳が2016年2月に発表した”最小全域木の辺長の平均と標準偏差による二変数間の関係性評価手法”で2015年度の電子情報通信学会「回路とシステム研究会学生優秀賞」を受賞しました。

http://www.ieice.org/~cas/award_students/